お道具 日記

予備のつもりだったデオトイレが、思いのほかいい感じ!!

2017/07/23

やむを得ない1泊お留守番のために、予備トイレとして購入したユニ・チャームの「デオトイレ」。
結局、留守中は使用していなかったのですが、帰宅した日に場所を少し移動したら使用するようになりました。

→デオトイレ購入直後の記事はコチラ

楽ちん猫トイレとデオトイレ

左の黄色いほうはずっと使っている「楽ちん猫トイレ」。最初はデオトイレを楽ちんトイレの向かい側に置いていて全く使われてなかったのですが、横に移動したら使うようになりました。

その後様子を見ていたのですが、右のデオトイレで《小》を済ませたにゃーち、そのまま左の楽ちんトイレで《大》をするという使い分け!!
にゃんということでしょう…!

廊下は狭くなりますが、このまま2個使いを継続することにしたので、慌ててシートとサンドを注文です(汗)

スポンサーリンク

デオトイレの良さを追加レビュー!

楽ちんトイレでは、水分を含むと崩れておがくずに戻るパインウッドを使用しているため、デオトイレの崩れないサンドがいまいちピンと来ていなかったのですが、実際使用した後をみると、用を足した感じがなくお手入れの必要がないというのがわかります。

で、トレイのシートを見ると、吸水してぷっくりしています。なのに、臭いがほとんどしません!まだ新しいからというのもあるかもしれませんが、これはほんとに驚き!!ハーフカバータイプでも大丈夫なのでは??と思っちゃうほど。

そして、2Lのサンドでは深さが物足りないかも?と思っていましたが、にゃーちはそうでもなさそうで、わりと軽い砂かけで出てきます。私もその後サンドをスコップで寄せて除菌スプレーで拭き上げたら、元通り平らにならすだけ。
→猫トイレの除菌にはバイオウィルクリアを使ってます

デオトイレ付属のスコップ

なにげに使いやすいデザインのスコップ。《大》をしないのであまり活躍の場がない現状…。

デオトイレ付属スコップの柄

なんと柄の部分にもねこの切り抜きが!かわいいです^^

デオトイレのスコップ収納例

このスコップ、トイレの内側だけでなく、外側(それも両サイド)に収納できます!

さて、使用開始後の経過はいかに?

使用し始めて2日経ちましたが、トレイのシートを見ると手前1/4がぷっくりしている状態。どこまで吸水できるのか不安なので前後を入れ替えてみました。シートを前後入れ替える際は、トレイを全部取り出してトレイ毎前後入れ替えて元に戻すだけの手軽さは本当に楽でおすすめ。

細かい配慮が感じられるデオトイレにはまってきた私ですが、現時点での難点はにゃーちが入り口ぎりぎりの手前でしか《小》をしない為、シートの吸水機能が100%活用されるかどうか。

でも商品レビューを見ると、決まった場所で用を足す猫は多いようで、週2回シートを替えているという方もちらほら…。猫の大きさにもよるのでしょうね。にゃーちは5kg弱と決して小柄ではないので、排泄量も多くなって当然です。

とりあえず今回は普通の10枚入りシートを追加購入しましたが、複数猫用のシートもあるので、状況次第ではそちらも検討してみるかもしれません。

 

追記ですにゃ

デオシートがまるまる1週間もつのか心配でしたが、途中で一度前後を入れ替えて、1週間無事にもちました!!

交換の際は右手前と左手前の部分だけがぷっくりしてます。右手前でしか《しー》しないのでしょうがないですよね。このぷっくりしたシートを捨てる際は大き目のゴミ箱に使ってるビニール袋がいい感じで使えてます。さすがと、このシート交換の際はにおいますので、直に嗅ぐのはキケンです(笑)

スポンサーリンク

-お道具, 日記
-, ,