お道具

使用済デオトイレの砂の臭い対策!BOSの防臭袋を使ってみた!使い方は?

2018/07/09

トイレ内からこちらを見る猫

我が家では2つの猫用トイレを使用していますが、その一つ「デオトイレ」は砂を捨てるまでの期間が長く、臭いが…。

臭い対策として、あの、うんちやおむつがにおわないと有名な、BOSの脅威の防臭袋を購入してみました!

本当に臭わない?サイズやコスパ、使い方は?

ボスの防臭袋をレビューします!

スポンサーリンク
  

使用済のデオトイレの砂は臭い

現在、にゃーちが使っているトイレは、楽ちん猫トイレ(アイリスオーヤマ)とデオトイレ(ユニチャームペット)の2つ。

小に使用しているデオトイレの砂は燃えないゴミのため、月に1回のゴミ収集日にしか捨てる事ができません。

デオトイレの砂の交換時期とゴミ収集日が一致しない場合は、しばらくゴミ箱に使用済のデオトイレの砂が鎮座することになるのですが、臭いがキョーレツ。

ビニール袋に入れる前に消臭スプレーもするんですが、全く効果なし。

ゴミ箱の中にさらにゴミ袋をセットしているので、2重になっているのですがそれでもくさーい(にゃーちごめーん)。

あ、誤解があってはいけないので補足しますが、デオトイレ自体は普通にしてたら臭わないんです。(使用後に鼻を近づけると臭いますが)

お部屋にはほとんど影響しないのでご安心を!

デオトイレの砂の交換時期

デオトイレの砂は、猫ちゃん1匹で約1ヶ月交換不要とされていますが、我が家のにゃーちはいつも決まった場所、右手前側でのみ用を足すので、1ヶ月も使うと不衛生な気がしちゃうのです。

デオトイレの砂自体に、消臭・抗菌効果があるのはわかっているのですが、用を足した後ににおいをくんくんチェックしている姿をみると、1ヶ月も放っておけない!

そんなわけで、我が家のデオトイレの砂は、右手前の約1/4を週1回のシート交換にあわせて捨てることにしています。(↓サンドに色がついているのは、バイオウィルクリアをスプレーしたからです)

デオトイレの手前の砂を交換する

捨てるときは、楽ちんトイレのスコップを入れていたビニール袋を使っています。

猫用トイレのスコップ

再利用、ってやつですね!(笑)

ビニール袋にいれたデオトイレのサンド

袋に入れたらさらにバイオウィルクリアをスプレーして口をしっかり結んでいますが…このビニール袋は呼吸している!(つまり臭う)

BOSの脅威の防臭袋を購入!本当に臭わない?

燃えないゴミの収集は月1回なので、4袋分の砂が溜まってしまうのですが、ゴミ箱を開けた時の臭いに耐えかねて、以前から気になっていたBOSの防臭袋を購入してみました!

ストライプのパッケージが可愛い。

パッケージカラーと中の袋のカラーが一緒になっていて、種類も豊富。

医療向け開発で生まれただけあって、防臭力には自信あり!

もちろんデオトイレの砂以外にも、おむつや生ごみにも使えます。

BOSの防臭袋の使い方、効果は?

早速、ボスの防臭袋を使ってみます。

BOSの防臭袋を使ってみる

試しに、普通のビニール袋にいれただけの状態で鼻を近づけると…臭い!(しつこい)

BOSの防臭袋に、デオトイレの砂をビニール袋ごといれて、

BOSの防臭袋に臭いトイレの砂を入れる

袋の口をねじねじ。(←ねじねじは必須です)

口を結んだ防臭袋

ねじねじした部分を結んで、再度鼻を近づけてみると…臭くない!!!

すごい!ほんとにおわない!

もうこれは手放せない!

BOSの防臭袋のサイズやコスパ

BOSの防臭袋はペットショップや介護用品店などでも、「うんちが臭わない袋」、「おむつが臭わない袋」、「生ごみが臭わない袋」として販売されています。

サイズもSS~LL、ロングサイズなど、用途に合わせて無駄なく選べるので便利。

BOS公式SHOPなら、今回私が購入したかわいいストライプパッケージや、おしゃれな限定コラボパッケージもあるのでおすすめ!

今回購入したSSサイズは17×27cm。200枚入りなので1枚あたり7.56円。

例えば毎日うんちと週1回の砂交換に使用したとしても、1ヶ月264.6円。

1匹1回分のうんちなら、SSサイズで十分です。(ちょっと慎重にいれる必要はありますが…(^^;))

余談ですにゃ

先日、にゃーちの大きな目に、自身の毛が。

ほこりぐらいの細長い毛はなんともないようなのですが、今回目に入っていた毛はちょっと太目の短毛。

い、痛そう…。

さすがと本人も違和感あったのか、大粒の涙がぽろん。。。

その後無事に毛は取れたのですが、初めてにゃーちの涙をみた私なのでした。

※商品情報は記事掲載時のものです。

スポンサーリンク

-お道具
-,