猫用トイレ

【2020年版】猫用平面ノーマルトイレのおすすめ&ランキング!

猫用トイレには、システムトイレやポータブルトイレ、全自動トイレなんてのもありますが、今回ランク付けしたのは、固まるタイプの猫砂を使用するシンプルな箱型のトイレ。

平面タイプとかノーマルタイプとも呼ばれますが、

ペットシーツを使わないので、ランニングコストが節約できる

すのこやトレーが付いていないので丸洗いするのが楽

といったメリットがあります。

究極の猫トイレは衣装ケース、といわれるように、ゆったりサイズのトイレを好む猫も多いので、比較的大きなサイズのタイプも多いノーマルトイレに変えたら粗相がなくなった!という声も。

ですが、元祖猫トイレともいうべき平面ノーマルトイレは種類も沢山。どれを選んだらいいか最初はとっても迷いますよね。

miruko+
miruko+
そこで今回は、平面ノーマルトイレの中から、当サイトおすすめTOP3をランキング形式でご紹介。

猫用トイレ選びの参考の一つにしていただけたら幸いです。

猫用トイレランキング(総合)はこちら!

当サイトおすすめ!平面ノーマルトイレBEST3

口コミやお手入れのしやすさ、デザインや猫の使いやすさなどを考慮して、当サイトで選んだ猫用ノーマルトイレBEST3とおすすめポイントをピックアップしてみました。

メガトレー
おすすめ猫トイレ・メガトレー
シンプルながらおしゃれなデザイン
大きいサイズで猫ゆったり
専用ライナーでお手入れ楽々

メガトレー 本体 グレー 飛び散り防止カバー付き

上から猫トイレ
おすすめ猫トイレ・上から猫トイレ
砂が飛び散りにくい
臭いが漏れにくい
トイレ感が薄れる

アイリスオーヤマ 上から猫トイレ本体 レギュラー

リッチェルコロル
おすすめ猫トイレコロル
出っ張りがなく洗いやすい
お値段が安い
ほどよい広さと高さ

リッチェル コロル ネコトイレ F60 ベージュ

miruko+
miruko+
それでは、TOP3各トイレの詳しいスペックやポイント、また、ランキングから外れたものの、人気の猫トイレをご紹介していきます!

メガトレー


ベルギーで企画・デザインされたメガトレーはシンプルながらすっきりとした無駄のないデザインが素敵。

幅45cm、奥行が65cmと大きめの長方形型をしているので、我が家のぽっちゃり猫さんでも窮屈さを感じずに用が足せる余裕があります。

その分設置場所を取りますが、このトイレに変えてから粗相をすることがなくなった、猫がうんちを踏まなくなった、といった嬉しい口コミも。

入口の高さが約15cmほどなので、高齢猫でも少しステップをつけるだけで使いやすいのも◎。

サイズ(幅×奥×高さ) 65cm×48cm×28.5cm
本体の重さ 約1.3kg
カラー展開 グレー
ブルーベリー
ブラック
お値段(目安) 4,498円~

 

こんな人におすすめ
  • 猫がトイレの外に用を足す
  • 掃除を楽にしたい
  • すっきりしたデザインがいい
miruko+
miruko+
大きい分、猫砂を使う量も多くなってしまうので、体格が大きくない猫ならもう少し小さめの【Deep Pan ジャンボ】もあります。

上から猫トイレ



爆発的人気を誇る、アイリスオーヤマの新発想型『上から猫トイレ』。

ネコトイレの基本型を覆す、出入口を上に設定し、トイレ全体を覆う形状にしたことで、砂の飛び散りや臭いの拡散を防いでくれます。

また猫にも好評。

思い切り砂かきできる、覆われてる安心感、などがツボるのかもしれませんね。

同シリーズにはすのこ付きタイプ、ミニタイプも展開されています。

ただし、子猫や高齢猫には使いづらいので、使用時期が限られたり、他タイプとの併用が必要になることも。

サイズ(幅×奥×高さ) 53cm×41cm×37cm
本体の重さ 約2.39kg
カラー展開 ホワイト
オレンジ
グレー
ブラウン
お値段(目安) 2,127円~

 

こんな人におすすめ
  • 砂かきによる飛び散り対策したい
  • いかにも猫トイレっぽいのは嫌
  • 猫トイレの臭いが気になる
miruko+
miruko+
出入りにフタを使わずに直接ジャンプしちゃう子の場合は、砂が飛び散ってしまいやすいので、マットなどを併用するといいと思います

コロル ネコトイレF60


園芸用品や家庭用品、そしてペット用品をも手掛けるリッチェルのネコトイレ。

ザ・王道ともいえるシンプルな形状で、実は私も昔、友人の猫を1ヶ月ほど預からないといけなくなって
その時に使っていたのがこのタイプ。

パーツや突起などがないので、洗うのも乾かすのもとっても楽。

シンプルイズベストですね。

ただし、紙タイプの猫砂とかを使用すると、軽すぎて大きな猫ちゃんがひっくり返しちゃうってことも。

入口部分の高さは約15cmほどなので、子猫や高齢猫にはステップをつけてあげると入りやすくなります。

サイズ(幅×奥×高さ) 60cm×44×21cm
本体の重さ 1087g
カラー展開 ベージュ
パープル
ライトブルー
お値段(目安) 1,227円~

 

こんな人におすすめ
  • 丸洗いをささっと済ませたい
  • できるだけ節約したい
  • 猫の好みがわからない
miruko+
miruko+
同シリーズで幅40cmのコンパクトタイプやカバー付きなどもありますよ。

 

miruko+
miruko+
ここからはTOP3と迷ったおすすめ猫トイレをご紹介です↓

Yangbagaステンレス鋼猫トイレ


猫トイレはほとんどがプラスチック製なんですが、どうしても傷や臭いが付きやすいんですよね。

傷から臭いが沁みついてしまったり。

こちらは珍しいステンレス製。汚れが落ちやすく臭いもつかないので、耐久性があり清潔に保ちやすいと好評。

見た目もすっきりしますが、使う砂の種類によってはこすれる音が気になるかもしれません。

サイズ(幅×奥×高さ) 60cm×40cm×15cm
本体の重さ 約2kg
カラー展開 なし
お値段(目安) 3,500円~

 

miruko+
miruko+
高さは15cmと低めなので、飛び散りなどが気になる方はトイレスクリーンなどを併用するといいですね。


モデコ フリップリターボックス


NYブルックリンのインテリアブランド【modkat モデキャット】が開発した猫用トイレは、シンプルモダンなデザインが人気。

なぜこんなにも国内メーカー品とデザインに差がつくのか不思議なくらいおしゃれ。

上部の蓋はマグネット式なので、簡単に開閉ができ、別売りのライナーを使えばトイレ本体を汚すこともなくお手入れも楽々できます。

砂も飛び散りにくく、見た目も良い、掃除も楽。

猫用トイレとしてはかなり優秀ですが、問題はお値段。

本体の価格に加え、使い捨てのライナーも決して安くはないので、正直手が出しにくい…というのはあります。

サイズ(幅×奥×高さ) 52cm×40cm×42.5cm
本体の重さ 3.2kg
カラー展開 ホワイト
お値段(目安) 10,700円~

 

TOP CAT(トップキャット)


メガトレーと同じベルギーで企画・デザインされたトップキャット。

上から入る猫トイレと同じく、砂掛けによる飛び散りや臭いの拡散などを防いでくれます。

専用ライナーもあるようですが、90Lのゴミ袋で代用可能です。

すっきりしたデザインですが、アイリスオーヤマの上から入る猫トイレよりやや大きいサイズとなっているので、実寸はよく確認してみてくださいね。

サイズ(幅×奥×高さ) 59cm×39cm×38cm
本体の重さ 約1.9kg
カラー展開 ホワイト
イエロー
お値段(目安) 4,435円~

 

ネコのトイレ



こちらもシンプルなザ・猫トイレ。

ゆったり大きめサイズで広々使え、パーツも本体と上部カバーのみとシンプルなのでお手入れも楽々です。

入口がないので小さい猫や高齢猫にはステップをつけたり、砂の飛び散り対策などが必要なことも。

サイズ(幅×奥×高さ) 55.7cm×45.2cm×16cm
本体の重さ 0.904kg
カラー展開 ホワイト
ブラウン
お値段(目安) 1,557円~

 

HY CAT ラージ



アメリカ製のシンプルな猫トイレ。

パーツなしの一体型なので、丸洗いしやすくなっています。

大きさの割に幅(長さ)はあまりないので、体格の大きな猫にはより広々使えるジャンボタイプもあります。

サイズ(幅×奥×高さ) 45.5cm×39cm×21.5cm
本体の重さ 約0.8kg
カラー展開 グレー
お値段(目安) 2,790円~

 

まとめ

固まる猫砂を使用する平面ノーマルタイプのおすすめ猫トイレ&ランキングをご紹介しましたが、ご参考になりましたでしょうか?

トイレ選びは猫の年齢や性格、癖によってどれがベストなのか変わってきますし、置き場所にも影響されますよね。

そのためランク外だからといって、決して悪いトイレというわけでも、ランク入りしたから万人(万猫)受けするトイレとも限らないので、それぞれのトイレのおすすめポイントを見比べて選んでいただけたらと思います。

猫と飼い主さん、両方にとって快適に使えるトイレ選びのお手伝いができれば幸いです。

猫用トイレランキング(総合)はこちら!

グランツキャットフードのお試しサンプル申込
▼▼ サンプル申込はこちら ▼▼
獣医師推奨!GRANDS(グランツ)申込ページへ
▼▼ 実際のレビューはこちら ▼▼
グランツ3種食べ比べ!猫が選んだのは?