お道具

にゃんとも清潔トイレ・楽ちん猫トイレ・デオトイレを比較!違いやコスパは?

寝落ちする猫

猫のトイレも色々ですが、システムトイレの便利さを知り、アイリスオーヤマの楽ちん猫トイレ・ユニチャームのデオトイレを使ってきた我が家。

この度引越しに伴い、ずっと悩んでいた花王のニャンとも清潔トイレを購入する運びとなりました。

せっかくですので、3つの猫トイレの大きさやデザインの違いなどを比較してみました!

スポンサーリンク
  

にゃんとも・楽ちん・デオトイレの大きさを比較!

狭い廊下で申し訳ないのですが、3つの猫トイレを並べてみました!

猫のトイレを並べてみた

ぱっと見で一番大きいのは、オレンジカラーの楽ちん猫トイレ(画像奥)ですね。

すのこ下のトレイが、他の2点と比べて深さがあるので、その分高さがあります。

デザインや色が一番好きなのは、一番手前のデオトイレ。

猫のトイレを並べてみた

清潔感のあるオフホワイト(真っ白ではない)、丸みを帯びたデザイン。

一番コンパクトに見えるのは、真ん中のニャンとも清潔トイレ。

猫のトイレを並べてみた

ブラウンならもっと引き締まって小さくみえるのかな???

実際に3つのトイレのサイズ(幅×奥行×高さ)を比較すると…

ニャンとも清潔トイレ 本体サイズ :40×55×43(cm)

デオトイレ 本体サイズ:40.5×54×43(cm)

楽ちん猫トイレ 本体サイズ:40.5×52.5×49.5(cm)

あれ?そんなもの?画像で見るほど大差なくない?

にゃんともとデオトイレに至っては、ほぼほぼ一緒!デザインやカラーで大きさの見え方もぐっと変わりますね~。

にゃんとも・楽ちん・デオトイレの違い、メリットやデメリット

我が家で試した3つのシステムトイレは、におい漏れの軽減と、お互いの気まずさ(あるの?)を考慮して、全てドーム型。

基本的な構造はどれも一緒で、本体上部のドームを外すと、すのこ状になった本体下部、その下にはトレイがあって、尿を受け止める仕組み。

一番最初に購入した、楽ちん猫トイレはドームの半分がパカっと上に開けられるタイプ、次に購入したデオトイレは、ドームの半分をくるっと回転して開閉できるタイプでした。

開閉できる猫トイレは?

ですが、今回購入したニャンとも清潔トイレのドームは開閉不可。

私的に、これは毎日のトイレ掃除の際にはマイナス点。

にゃーちは【大】を奥にするので、毎回掃除の際にドームを外して、どこかに置いて…というのはネック。(うちが狭いってのも問題なんですけど)

ただし、ニャンとものドームは被せているだけなので、外しやすく、丸洗い時は洗いやすく乾きやすいという利点があります。

スポンサーリンク

ニャンとも清潔トイレのメリット・デメリット

花王のニャンとも清潔トイレは、良い意味で変に可愛さがない、シンプルなデザイン。(グッドデザイン賞取ってます!)

猫のトイレには珍しい、シックなブラウン、逆にピンクのハローキティモデル(限定モデル)も展開しています。

我が家は白ベースでイメージしているため、ブラウンとベージュしかないのが残念なんですが…ぜひオフホワイトあたりも展開してほしい!(ぜひ開閉できるドームで!)

さて、本体のデザインですが、すのこ面は広く、穴も大きすぎず細かすぎず。

ニャンとも清潔トイレのすのことスコップ

地味目なカラーですが、傷の付きにくい素材で、劣化しにくそうな感じがします。(これ、結構大事!)

スコップは変わった形状なんですが、これでドームの裏面の穴に引っ掛けておくことができるようになっています。(ハーフカバーはフチに引っ掛けられる)

スコップの穴がちょっと大き目なのは残念。

使用する専用チップは木材ベースで、固まったり崩れたりしないタイプ。

ニャンとも専用サンド

極小・小さめ・大きめの3サイズ展開で、香料や抗菌剤は不使用!

お住まいの自治体にもよりますが、燃えるゴミとして処理できるのは助かります。

でもトイレに流すことはできません。(詰まりの原因になる)

楽ちん猫トイレのメリット・デメリット

アイリスオーヤマの楽ちん猫トイレは、私が知る限り最長の、2週間お手入れいらずの猫用システムトイレ。

まぁ、そうはいっても【大】は毎日掃除が必要だし、実際2週間もほったらかしにはできないんですけど…。

トイレ本体は細かい配慮が感じられる設計で、ドームは半分開閉できて掃除しやすく、肉球に挟まった砂を落とすマット、入口ドアなどは不要なら取り外して使えるようになっています。

カラーはオレンジとグリーンの2色展開なのが残念ですが、別シリーズでベージュやモノトーンもあり。

すのこは面の幅は普通、穴はちょっと小さめな気が…。(くずれたチップが詰まりやすい)

楽ちん猫トイレのすのことスコップ

スコップの穴は…大きすぎ(笑)

ブツと一緒に、汚れた砂ごとスコップで取り除きたいのに、穴から砂が(時にはブツまで)落ちてしまう…。

そして中のマットを外したら収納場所がなくなる。(ビニール袋に入れて外にだしてました)

使用する専用チップは、おしっこを吸収すると崩れて粉末になるタイプ。

パインサンドの仕組み

深さが約5cmもあるトレイには専用の紙トレーをセットし、2週間分の木粉をキャッチ。

あとはトレーごと捨てるだけでほんと楽ちん!(最初からゴミ袋もセットしておくとさらに楽ちん!)

崩れるタイプの猫砂派には、使い勝手のよいトイレだと思います。

我が家ではパインウッド&シートでオリジナル使用してました…(^^;)

→楽ちん猫トイレのレビュー記事はこちら

デオトイレのメリット・デメリット

リニューアル後、シンプルながらコロンと丸みを帯びた可愛らしいデザインとなった、ユニ・チャームのデオトイレ。

ドームの開閉、遊び心あるデザイン、そして色も一番好みです。

すのこの面はすこし狭め。そしてすのこ面は素材的に傷が付きやすく(サンドも固いため)劣化しやすいのがネック。

デオトイレのすのこ面とスコップ

スコップは可愛いんですが、穴がやっぱり大きい。(ただし、スコップの角で少量の砂を取る事ができるようになっています)

スコップの収納場所が、内側・外側・後ろ側にあるので、好みで使い分けできます。

デオトイレ専用の砂は、前の住まいでは不燃物扱いでした。(月1の収集だったので厄介でしたね…)

デオトイレの仕組み

もちろんトイレに流すのはNGです!

トレイは1cmほどと浅いので、崩れるタイプの猫砂は不向きです。(毎日シートを替えるならなんとか?)

ちなみに「デオサンド」は固まるタイプの猫砂なので、システムトイレで使う意味はあんまりないかも?

→デオトイレのレビュー記事はこちら

にゃんとも・楽ちん・デオトイレの砂やシートのコスパは?

トイレの砂とシートなどは、消耗品なのでやっぱりコスパは気になりますよね。

市販のシートなどでの代用は可能ですが、サイズがあわなかったり、消臭・抗菌効果が弱い場合も。

純正の猫砂とシートの平均的な価格をピックアップしてみました。

ただし、販売店やまとめ買い、送料対策、ポイント還元などで大きく変動しますし、使い方やにゃんこの頭数で使用日数も異なりますので、あくまでも参考程度に…。

ニャンとも清潔トイレの砂とシート

ニャンとも清潔トイレの砂は崩れないタイプのウッドチップ。(多少ふやける)

2.5L入り、4L入りがあるので収納スペースにあわせて購入できます。

チップは1Lあたり226~234円ほど。

トレイには、マットあるいはシートをセットして使います。

以前はマットだけでしたが、シートタイプも登場!

マットは1枚あたり94~98円、シートは1枚あたり112~129円といったところです。

複数猫用のシートもあります。

楽ちん猫トイレの砂とシート

楽ちん猫トイレの砂は崩れるタイプのパインサンド。

サンドは一袋3.5kg入り、1kgあたりおよそ193~200円ほど。

Agトレーは1枚あたり126~172円あたり。1袋に3枚しかはいってませんが、最長2ヶ月分になります。

デオトイレの砂とシート

デオトイレの砂はゼオライト、シリカゲルでできた固まらず崩れないサンド。

4L入り以外にも、香るタイプ、緑茶成分入りタイプなどお好みによって選べます。

1Lあたり244~330円ほど。

シートも同様にふんわり香るタイプや複数猫用など、選ぶことができますが、香料苦手な私にはちょっと辛い香りです...。

シートは1枚あたり68~87円くらいです。

余談ですにゃ

あんまり大した比較になってなくてごめんなさい(>_<)   もちろんどのトイレも、メーカーさんこだわりの違いがあって、計算されたデザイン・機能性となっていますので、あくまでも一個人として感じる違いをピックアップしてみました。   結局は猫様の好みであることが一番!   そして毎日お掃除する猫ママ、猫パパさん達が、いかにお手入れしやすく、常に綺麗な状態を保ちやすいか、ということが大事。   商品レビューを見ていると、ふんふん、そんな使い方もあるのか…、など参考になる部分も多いので、ぜひうちにぴったりのトイレ、使い方を研究してみてくださいね~(='ω'=)   ※商品情報は記事掲載時のものです。

スポンサーリンク

-お道具
-