お道具

猫システムトイレ、ニャンとも清潔の口コミは?デオトイレとの違い、おすすめ点を検証にゃ!

2018/07/09

段ボールに入った猫

現在猫1匹、システムトイレ2台を使っている我が家ですが、トイレの買い替えをゆるーく検討中。

初めて猫を飼われる方が、猫トイレを選ぶのも大変ですが、既に猫と生活されている方にとっても、トイレの買い替えは悩みどころ。

使ってくれなかったら?猫のストレスにならない?

使い勝手が悪かったら?掃除が大変になったりしない?

我が家のトイレは、デオトイレと楽ちん猫トイレ。

以前から気になっている、花王のニャンとも清潔トイレの口コミや使い勝手、メリット・デメリットを検証します!

スポンサーリンク
 

猫のシステムトイレ、ニャンとも清潔トイレの仕組み

猫トイレといえば、今やシステムトイレ型が主流。

トイレ容器が二重構造になっていて、すのこ状となっている上のトレイに猫砂を敷き、おしっこなどは下のトレイに敷いたシートでキャッチ。

臭いやトイレ掃除の負担を軽減する猫用トイレとなっています。

ユニ・チャームの「デオトイレ」、アイリスオーヤマの「楽ちん猫トイレ」、そして花王の「ニャンとも清潔トイレ」が有名ですよね。

元々楽ちん猫トイレに始まり、デオトイレを追加した我が家では、小はデオトイレ、大は楽ちんと使い分けするようになったため、楽ちん猫トイレの受けトレーが無駄になっている状態。

>>>アイリスオーヤマ楽ちん猫トイレのレビュー記事はコチラ♪

猫の高齢化を考えると、受けトレーの高さが負担になるかも?と買い替えを検討しています。

でもデオトイレを2つにすると、大掃除の際に入れ替わってしまったり猫も「どっちが大やねん!」となるかもしれないし…(笑)

そこで候補に挙がっているのが、花王の「ニャンとも清潔トイレ」。

ニャンとも清潔トイレのデザインと仕組み

花王から販売されている、「ニャンとも清潔トイレ」。

上部トレーと引き出し付きの下部トレー、そしてドームとスコップ、チップとシートのセット。(ドームなしのオープンタイプもあります)

ニャンとも清潔トイレのパーツ

カラーはライトベージュとブラウン。

デザイナーとコラボしたデザインとのことですが、うーん。

我が家は茶系より白系なので、ベージュの2トーンが微妙。

ニャンとも清潔トイレの専用砂は大粒のチップ。そして以前は下部トレーに専用マットを敷くようになっていましたが、専用のシートが登場!

下部トレーの引き出しにシートをセット、上部トレーはすのこになっていて、そのうえにチップを敷きます。

(小)はチップとマットを通過して、シートが吸水してくれるシステム。(大は都度取り除く必要があります)

というわけで、使い方もデオトイレと大差なくなっています。

サイズは幅が40cm×奥行き55cm×高さ43cmくらいとのことなので、デオトイレ(40.5×54×43cm)と同じくらい。

楽ちん猫トイレ(40.5×52.5×49.5cm)は両者より6センチちょっと高さがありますね。

スポンサーリンク

ニャンとも清潔トイレの口コミは?

ニャンとも清潔トイレを使っている人は、どのような感想をお持ちなのか、気になった口コミをピックアップしてみました。

✔マットの吸水性・消臭能力がすごいです!トイレをリビングに置いていますが、臭いはほとんど気になりません。

✔チップが大きいので、飛び散りが少なく、たまに外にでてしまっていても掃除が簡単です。

✔トイレ掃除の回数もゴミも少なくなって楽!チップは檜の香りがします。

✔固まる砂から移行しましたが、臭いもストレスも軽減。

✔純正の砂&シートだと高いので、別メーカーのウッドチップ&シートの組み合わせで使っています。

✔ブラウンのトイレにしましたが、インテリアにもなじんでよかったです。

ニャンとも清潔トイレの値段や維持費は?

気になるのは、ニャンとも清潔トイレのお値段と維持費。

本体はドームタイプの一式セットで2000円~3,000円ほど。

では維持費用。

1頭、1週間に1度の取り換えとすると、シートは1回94円ほど、マットは110円ほどで、デオトイレより少し高めですが、これは購入店で差があるし、まとめ買いやセールイベントなどを狙うともっとお安くなります。

砂(チップ)は4L入りが1,000円ほどだったので、デオトイレと同じくらい。

コスパでは、楽ちん猫トイレで使っているパインウッドとシート(どちらも他メーカーさん…)が一番安いです。

ニャンとも清潔トイレのメリット・デメリット

ニャンとも清潔トイレにも良い点、悪い点はあるはず。

私が気になるポイントは…

メリット
・トレイが深すぎない=トイレ入口の高さが楽ちんより低く、入りやすそう。
・チップは燃えるゴミとして処理できる(デオトイレのチップは不燃ゴミ)
・マット、シート共に消臭力・吸水性に優れている

デメリット
・ドームタイプは奥に(大)をされた時の掃除が大変そう(デオトイレ、楽ちんはドームが半分空けられるようになっている)
・アイボリー×ベージュではなく、ホワイト1色のみにしてほしい
・純正マット、シートは高い

以前ネックとなっていたマットは、シートタイプが登場したことで解消♪

ドームが半分空けられるようになっているといいのにな…。

余談ですにゃ

今回はまだ検討中という段階なので、他のトイレなどもまだ調べてみたいと思っています。

花王のニャンとも清潔トイレのHPを見てみたら、鉄拳さんのスペシャルムービーが公開されてました。

※号泣必至です(T_T)

知らずに仕事に行く前に見てしまい、慌てて途中でストップ。(続きは帰ってから…)電車の中とかで見ないでくださいね。

でも、ここまでの状態に追い込む飼い主さんダメでしょ(怒)!

とはいっても私も自慢できた飼い主ではないはず。

猫のトイレ、状態、しっかりとチェックして、大事なメッセージを見落とさないようにしなくちゃですね。

※商品情報は記事掲載時のものです。

スポンサーリンク

-お道具
-