グッズ

キャットフードの保存方法で正しいのは?小分けできるラミジップの活用法

キャットフードの保存方法

キャットフード(ドライフード)は、開封後は遅くても1ヶ月以内には消費することを、多くのメーカーが推奨されています。

(*´Д`)ソ、ソウナノ?

とはいえ、開封した直後から傷んでくるのは食べ物の宿命。

カリカリだって袋を開ければその日から酸化が進んで徐々に美味しさが損なわれてしまいます。

 

更には、湿気によるカビの繁殖や、虫の混入リスクも…!

しっかり保存しなきゃいけないのは、人間の食べ物も猫の食べ物も一緒なんです。

 

miruko+
miruko+

というわけで今回は、

キャットフード(ドライタイプ・カリカリ)の保存方法と、

我が家で使っている小分け保存グッズおすすめの保存容器を紹介していきます。

キャットフードの正しい保存方法は常温・冷蔵・冷凍どっち?

開封前のキャットフードは、直射日光・高温多湿を避けて常温保存します。

では、開封後は?

ドライタイプのキャットフード(カリカリ)でも、10%程度の水分は含まれていますし、酸化の影響を受けやすい脂質もたっぷり。

また、チャックがついていない袋も多く、ダニなどが侵入する可能性もあります。

そのためドライフードであっても、開封後は密閉して直射日光・高温多湿を避けて保存するのが基本。

条件に当てはまっていれば、常温保存で大丈夫です。

カリカリの冷蔵庫保存はNG

冷蔵庫内は通常乾燥している状態にあると言われます。

そのためドライフードの保存にも適しているように思えますが、

冷蔵庫はどうしても開閉が多く、その温度差で結露が発生し、カビの原因になるということで、【ドライタイプのキャットフードは冷蔵保存NG】とされているメーカーがほとんど。

庫内の状態によっても、温度変化が起こりやすいので、冷蔵庫で保存するメリットはありません。

カリカリの冷凍庫保存は?

では、ドライフードを冷凍庫で保存するのは…?

冷凍庫での保存は、可としているメーカーもあります。

冷凍することで品質をキープしやすいから、ということもあるのだと思いますが、とはいっても1食分を小分けにして冷凍する必要があります。

大袋に入れたまま冷凍して、食べさせる都度出し入れしていたら、冷蔵庫と同じように、カビの原因となる結露が発生するのは目に見えてますよね。

 

miruko+
miruko+

個人的には、ドライフードとはいえ水分を含んでいる以上、冷凍→解凍すれば他の食材同様に水分が分離するなど、冷凍前と同じ状態をキープできるとは思えません。

あくまでも開封後の消費にどうしても日数がかかってしまう場合の策かな、と思っています。

意外とNGな保管場所

キャットフードの保管に意外とNGな場所は、温度が上がりやすいコンロ周り、湿気が高くなりがちなシンク下。

浴室近くなど、湿度が高くなりやすい場所は未開封の状態であっても保存場所としては不向きです。

パントリーやリビングの収納棚など、温度変化と湿度変化が少ない冷暗所に保存場所を作ってあげるといいですね。

我が家のキャットフード保存方法はラミジップ!

我が家の猫は現在1匹のみ、ということもあって、キャットフードは300g~400g入りのサイズで購入しています。

そのため、開封後1ヶ月以内には消費できてしまうのですが、残念ながら袋にはチャックがついていないので、そのままクリップで留めるだけでは心許なく。

それに、風味が飛んでしまうことと、酸化による品質の劣化はなるべく避けてあげたいです。

ちなみに、ジッパー付のポリ袋(ジップロックやフリーザーバッグなど)では、空気が通り抜けてしまうので、酸化を防ぐことができません。

そこで使用しているのが、ラミジップ。

ポリエステル、アルミ、PEの三層構造で、遮光性、防湿性、ガスバリア性に優れている為、食品販売などでも使用されている保存袋です。

以前は1.4kg入りのカリカリを購入して、ラミジップに詰め替えていたのですが、その時の方法がこちら↓

購入したドライフードは、まず食品用ビニール袋に入れてから、ラミジップへ。

キャットフードをラミジップに保存する

カリカリを少量ビニール袋に入れてから、ラミジップに入れて、トントンしながら袋のチャック下3cmくらいまで入れていきます。(満杯までいれるとチャックしづらくなる)

キャットフードをラミジップに保存する

最初は脱酸素剤も購入してたんですが、脱酸素剤って一袋に50個くらい入っていて、一度開封したが最後、全てが一斉に酸素を吸収し始めるので、一度につかってしまわないとダメになっちゃうんです。

でも50個も小分けにしないし、結局は1ヶ月以内で食べきってしまうので諦めました。(シーラーで密閉することもできますが、そちらもやってません)

使用したラミジップのサイズは、スタンドタイプのAL-14(チャック下200mm、袋巾140mm)

キャットフードとラミジップ

1.4kg・中粒サイズのカリカリをラミジップ5袋に小分けできました。

カリカリの種類や開封した日付を記入して、クーラーボックス(温度変化と匂い対策)に収納。

ラミジップにつめたキャットフードをクーラーバッグで保管する

一袋で5日分ほど。気休めにしかなりませんが、開封したら、都度空気を抜くようにチャックを閉めて保存します。

中のビニール袋は使い捨てですが、ラミジップは数回使ってから交換しています。

この保存方法が正しい!というわけではありませんが、キャットフードをそのままの袋で置いておくよりは、香りも飛ばない気がします。

miruko+
miruko+
現在は、400g入りのキャットフードを購入しているので、ラミジップ2つ分にわけてリビングの収納棚で保管しています。

キャットフードのおすすめ保存容器

我が家の場合は猫1匹だからラミジップで対応できていますが、それでも数回使って取り換えているので、あまりコスパはよくありません。

多頭飼いの場合や、大袋のフードを購入する場合などは、密閉容器の利用もおすすめ。

真空タイプの保存容器

キャットフードの劣化の大きな原因となる酸化。

酸素をシャットアウトすれば、それだけ酸化を抑えることができます。

電気・電池不要の真空保存容器セビアはOXOのようなおしゃれな見た目も人気。

ちょっとお値段お高めなのが難点ですが、ダイヤルを回して真空にする、スタッキングできる、サイズと色が選べるというのが魅力的です。

私が気になっているのはこっち↓

HARIOの真空琺瑯はポンプで空気を抜くタイプですが、シンプルな見た目が素敵。

miruko+
miruko+
お米やコーヒー豆の酸化防止用としても使えて、素材が琺瑯というのがまたいいんですよね。

密閉タイプの保存容器

キャットフードを真空容器に保存したところで、毎食フタの開閉をしていれば酸素に触れる時間も増えてしまいます。

それなら、ある程度のストックだけ真空容器にしておいて、数日分のカリカリは密閉容器で保存する、というのも賢い使い方なのかもしれませんね。

手軽に購入できる密閉容器といえば、フレッシュロック。

パッケージカラーにチャコールブラウンが追加されて、ますます人気がでています。

私が好きなのはOXO↓

フレッシュロックはニトリでも販売されているので、手軽に購入できますが、キャットフードの取り出しで使いやすいのは、蓋が取れるOXOのほうかもしれません。

miruko+
miruko+
引き出し収納される方は、蓋が透明なフレッシュロックのほうが中身が見えていいのかも…?

キャットフードの保存方法まとめ

というわけで、キャットフードの保存方法をご紹介しましたがいかがでしたか?

まとめると、キャットフード(ドライフード)の保存は、

  • 直射日光・高温多湿をさける
  • 開封後は1ヶ月以内の消費が推奨
  • 冷蔵庫での保存はNG
  • 酸素になるべくふれないようにする
  • 密閉容器や真空容器を使う

そして我が家で活躍している保存方法はラミジップ。

量が多い時は、食品用乾燥剤や脱酸素剤(エージレスZPタイプ)などを上手く活用して、

湿気や酸化からカリカリの美味しさを守ってあげるといいですね!