お手入れ

猫のブラッシングにフーリーイージーをお試し!

2018/07/13

前回、ラバーブラシでのブラッシング話をさせていただきましたが、「ねこ自身」を購入して猫フェルトの作り方をみてから、止めていた抜け毛あつめを再開すべく、抜け毛を集めやすそうなブラシを購入してみました。

届いたフーリーイージー

その名も「フーリーイージー」。かなりシンプルに届きました(^^;)
ラバーブラシだと、アンダーコートの抜け毛が取りきれてないかもしれないと思っていたこと、プラスチックのコームが肌と毛に優しいとのことが決め手。

猫用ブラシ

柔毛用のブラシ(白)と剛毛用のブラシ(黒)がセットになっています。ステンレス製のくしは刃先が鋭く肌や毛を傷つけてしまう…らしいです(;゚Д゚)
どうなのかなー?ほんとはファーミネーターも検討してたんですけど…

毛の長さによってブラシの調節ができます。

フーリーイージーのブラシ収納時

↑ブラシを収納した状態。レバーでブラシを出し入れします。

フーリーイージーの短毛用ブラシの状態

↑こちらは短毛用の長さ。

フーリーイージーの長毛用ブラシ位置

↑そして長毛用。にゃーちは断然こっち。さて、大人しくブラッシングさせてくれるかなー?

早速、フーリーイージーでブラッシング

フーリーイージーを猫に試していいか聞いてみた

「にゃにそれ?」くんくん。匂いチェック。オッケー??

フーリーイージーを猫に試してみる

嫌ではなさそう。ただし、プラスチック製とあって静電気が起こってしまいます。
効果があるかどうかは不明ですが、時々テーブルなどに手を当てて放電してます(してるのかな?なにかで見た気がするんですけど…)

フーリーイージーで取れた猫の抜け毛

↑ちょっとのブラッシングで抜け毛が取れました。静電気はやっぱり曲者で、抜け毛が手にくっついてきます(-""-)

フーリーイージーで取れた抜け毛

↑レバーを下げてブラシを引っ込めると抜け毛が取れます。目標は猫フェルトでの帽子を作ること!

「これ地毛です…」自分の抜け毛でできた“どんぐり帽子”をかぶるニャンコがかわいすぎる

あ、でもにゃーちは被り物嫌いなので難しいかなぁ…(´-ω-`)

 

スポンサーリンク

-お手入れ
-, , ,