お手入れ

猫が足の爪を噛む!病気?いや、にゃーちの場合はちょっと違う気が…

2018/07/09

グルーミングする猫

あら、今日も念入りなグルーミングね、にゃーち。

きれい好きで結構、結構^^

…「バキッ!」

ん?

いやいやアナタ、爪噛み過ぎじゃない?

スポンサーリンク
  

猫が爪を噛む理由

猫といえば爪とぎ。

にゃーちもダンボールタイプの爪とぎを使って、古くなった爪をはがすべく(ストレス解消も兼ねて)バリバリバリバリ。

剥がれた古い爪が爪とぎの周りに落ちているのを見かけます。

でも、後ろ足の爪は研がないですよね?

自然界ではもしかしたら、ダッシュとかする時にいい感じで爪が削られたりするのかもしれませんけど、家の中でぬくぬく過ごしているにゃーちの後ろ足の爪は伸びる一方。

古い爪をはがすためにも、爪を噛む猫は少なくないと思います。

爪を引っ張るように噛んでたりしますよね。

猫が爪を噛む主な理由は、

✔古い爪をはがすためのグルーミング
✔ストレス
✔爪の病気(狼瘡様爪床炎など)

狼瘡様爪床炎?

おおかみのかさぶたのようなつめの病気???

〈ろうそうようそうしょうえん〉と読むのだそう。アレルギーや遺伝などといわれてますが、原因の特定ができない爪の病気で爪が爪床から抜けては生えるをくりかえし、出血や痛みを伴う病気。

ストレスでも激しく爪を噛むケースがあるようですが、出血や爪が抜けている場合は獣医師さんに相談しましょう。

普段から爪に異常がないかチェックしていないと気付けない場合もあるため、爪切りじゃないときでも爪の根元部分に汚れがないかなど確認させてもらいましょう。

まぁ、嫌がられるので全部いっぺんにはチェックできないんですけどね…(-"-)

スポンサーリンク

にゃーちが爪を噛む理由は?

グルーミングとして爪を噛む時は、前脚も後脚も指を広げるようにして舐めたり、爪を咥えてひっぱったりしているんですが、後ろ脚に限っては、爪の先端部分を音を立てながら噛んでいることが。

爪を噛む猫

なんつー目つき(-_-;)

こんな感じでバキバキと爪の先端を噛んでいるので、にゃーちの後ろ足の爪は先端がささくれてる感じに。

で、私が勝手に推測するにゃーちが爪を噛む理由。

後ろ脚で耳などを掻くときに、痛くないように爪の先を柔らかくしてる!

頻繁にかゆがるわけじゃないですけど、タテガミの毛の生え変わりとか、耳とか、かゆい時だってあります。

(ノミじゃないよ!)

見てると、ちゃんと力加減しながら(?)かいかいしてるんですよね~。

そりゃー、後ろ脚をはいえ伸びた爪で皮膚を掻いたら痛そうですもん。

実際キックされると、簡単に私の手も傷付いたりしますしね。

なので、痛くないように爪の先端をわざと噛んでる!っていうのが私の見解。

※にゃーちに限ってですし、あくまでも個人の見解です(笑)

爪切りのときに気をつけてること

そうとわかれば爪切りの時も、角がでないように気をつけてあげたくなるもの。

にゃーさんの後ろ脚の爪を切る時は、1本につき3回、横向きで見ると先端を切ったあとの上下のカドも削るように(丸みを持たせるように)カットカット!

一度つめやすりを使ってみようとしたんですが、拒否されました(;'∀')

さて、丸みをもたせたカットが効果あるのかというと…

足の手入れをする猫

後ろ脚はなかなか爪切りさせてくれないので、隙あらば自分でカミカミ。

余談ですにゃ

夜中にカリカリのおねだりをするにゃーちに、毎日1回は起こされるのですが、冬になると、明け方に「毛布の中にいれさせてくださいにゃ」と更におねだりしにきます。

面白いのは、自分の要望に応じておねだりの仕方が違うこと。

カリカリのときは、枕元にじっと座って私が気付かないようだと鼻をつんつん。

毛布に入れて欲しいときは、毛布をつんつん。

寝ぼけた私がわかるように、工夫してるにゃーちなのです^^

スポンサーリンク

-お手入れ
-