日記

にゃーちの爪から壁紙を守って!!

2018/07/13

猫を飼う上で気を付けたいのが爪の傷。うちは賃貸だからなおさらです。
(ちなみに傷がついた壁紙の補修代は退去時に請求される契約です)

幸いなことに、にゃーちは壁でつめを研ぐことがないので安心…してられない事態に引っ越し直後気が付きました。

爪とぎしなくても傷がつく理由

今までマンションだったので、飛び乗れるところといったら家具の上くらいだったのですが、今回は初の戸建て。2階建てで階段があり、2階にあがった通路には落下防止の壁?があります。

階段への落下防止壁
(右側の壁ですね)
これに乗らないはずがないにゃーち。
ところが高さが1m10cmあるので、一発で綺麗に上ることができません。(まさか身体が重たいからじゃないよね?)
後ろ足を壁につけて上がりきる感じです。

これは壁紙を守る必要アリです!!!

そこで後ろ足がつく高さに壁紙用の傷防止シールを貼りました↓

傷防止シールを貼った壁

DAISOで購入した貼ってはがせるタイプ。透明なので、注目しなければあまり気にならないです。
上にはタイルシートを切ったものを敷いてにゃーちが滑らないようにしています。

トイレ掃除をチェックする猫

トイレ掃除中も、私が手抜きしてないか上からチェックされます(笑)
夜ごはんのあとなどはよく登って、下にいる私達に「にゃーん」のかまってコール。

上から下をみる猫

高いとこ苦手な私は、最初「落ちたりしないかしら?」とはらはらしましたが、心配無用のようです。
先日、飛び乗る時に失敗して必死に這い上がっていたので、貼っててよかったとつくづく思いました(^^;)

ちなみにシールの残りはドアに貼ってます↓
ドアに貼った傷防止シール
一軒家だと、帰宅時に玄関から脱走する可能性があるので基本的に玄関に繋がるドアを閉めることにしています。
これをカシカシする可能性があるかもしれないので貼ってますが、実際カシカシしてるかは不明。

私達が室内にいるときは、ドアの前に座り込んで「開けて」コール。
傷をつけないのはいいことですが、アクティブさにちょっと欠けるにゃーちなのです。

スポンサーリンク

-日記
-