日記

「お手」ができる?猫。

猫にしつけは無理…ですよね、普通。

トイレと爪とぎは別として、犬のように主人に従順でいられるか、というと決してそんなことはなく。

というか、自由でツンデレ。

それが猫の魅力でもあるんだし。ねぇ、にゃーち。

お尻を触られる猫
(おしりなでなで!…き、気持ちよくなんかないもん)

ごはんとまたたびの為なら!お手する猫?

にゃーちの晩ごはんは、一気に食べないように小分けで与えているんですが、もの足りないとおねだりしてきます。

しかし少量の場合はお皿に入れるとかえって食べにくいようで、直接私の手から食べるほうがいいというにゃーち。

カリカリを手にした私が「じゃあここに座って」というとお行儀よくお座り。

お座りする猫

うーん、素晴らしい(←バカ)

そしてカリカリを手のひらに乗せようとした次の瞬間!

「お手」をしたではありませんか!

写真撮り損ねた!ってゆうか両手ふさがってて難しい!!

というわけで後日、またたびで再チャレンジ。

またたびを手のひらに乗せて、「お手❤」

お手する猫

ツッコまないで~(*ノωノ)

そう、本人からすれば「お手」ではなく、「よこせ!」です(笑)

まぁ、タイミングよく早めに「お手❤」というと、まるでお手したかのような光景になります^^

今度、動画にでもチャレンジしてみようかしら…。

言う事聞かなくても、基本は叱らない

言う事なんて聞かないのが猫。

猫は大きい声や大きい音は苦手なので、叱られてばかりではストレスが溜まってしまいます。

にゃーちが怒られるのは、玄関に降りようとした時くらいかな。

夜、DVD観賞をしてると退屈なのか、バババババー!!!って猛ダッシュして物を倒したり、

食卓から冷蔵庫の上に飛び乗ったり、乗ってほしくないピアノのフタの上に飛び乗ったりと大暴れすることもありますが、

怒ると余計興奮させるので、はいはいって感じで確保です(笑)

ちょっとこのDVDつまらないなーって思ってる時に多いので、「じゃ、遊んでよ!」って思ってるのかもしれないですね。

読まれてる?エスパー??

 

スポンサーリンク

-日記
-