日記

にゃーちが異様に反応したもの。

2018/07/13

昔から、怖い夢をみて起きると、両腕がバンザイの状態になっている事が多い私。
それがどうした?って話なんですが、先日お話した『フレーメン反応』がこれに関わってくるわけで…

フレーメン反応する猫

先日、明け方に目覚めた私は久しぶりに両腕がバンザイの状態になっていたのですが、そこにやってきたにゃーち、私の脇のにおいをしつこいくらいに嗅ぎまくり、挙句に前脚でほりほりほりほり。

長袖を着てるとはいえ、軽く痛いよーーー(T_T)

しかも、今度は逆の脇に移動してクンクンクンクン&ほりほりほりほり。

絶対、私の寝汗に反応してる…
絶対いま、口ポカーンって開いてる…

そう思いながらも薄明りのなか、バンザイの体勢で画像なんてとれない私なのでした。

スポンサーリンク

フェロモンにも種類がある?

フェロモンや匂いの物質をヤコブソン器官に繋がる穴(前歯の裏側あたりに2か所あるそう)から取り込もうとして口が半開きの変顔になる→これがフレーメン反応と呼ばれるのですが、フェロモンの匂いを取り込む行為ってオス猫がメス猫の匂いに反応するイメージなのに、メス1匹のにゃーちがなんで??

そう思って色々調べてみたら、性フェロモン以外に分泌する部位によって、「安心」「警戒」などのフェロモンがあるそう。

顔をスリスリしてくる時は安心をフェロモンが分泌されていて、自分のテリトリーや飼い主に匂いを付けることで安心でき、足の裏からは警戒・不安を感じた際に人間でいう冷や汗のようなフェロモンが分泌されているらしいです。

だから、メスでもフェロモンの匂いに反応するのですねー('Д')

フォロモンのような匂いでも、なんの匂いか気になった時は原因を判断するためにフレーメン反応してる、といったとこでしょうか?

フェロモンを活用した商品『フェリウェイ』

猫用のフェロモン製品『フェリウェイ』というのがあるのですが、猫の問題行動(尿スプレーや威嚇、してほしくない場所での爪とぎなど)の対処に使用する製品です。

猫の頬から分泌されるフェイシャルフェロモンF3類縁化合物配合で、多頭飼いや新しい環境によるストレスの緩和に使用されることが多いようです。

もちろん1度で劇的な効果が表れるわけではなく、効果の有り無しも個体差があるようですが、引っ越しの多い我が家ですので、頭にいれておこうと思います。

スポンサーリンク

-日記
-,