猫トピ

沖縄の保護猫カフェ、”猫の城Nyangusk(にゃんぐすく)”宜野湾店の料金や雰囲気は?

2018/07/09

眠る猫

沖縄にも複数の猫カフェがありますが、今回ご紹介するのは保護猫活動をされていらっしゃる猫カフェ、”猫の城Nyangusk(にゃんぐすく)”さん。

宜野湾市にある店舗の雰囲気や料金システム、利用方法などをまとめてみました。

猫は好きだけど一人で猫カフェに行きづらい、どうやって入ったらいいかわからないという方、沖縄で猫を飼いたい、里親になりたいと思っている方はぜひチェックしてみてくださいね^^

スポンサーリンク
  

保護猫カフェ ”猫の城 Nyangusk(にゃんぐすく)”

家具屋通りやおしゃれなカフェが点在する宜野湾市。

保護猫カフェ ”猫の城 Nyangusk(にゃんぐすく)”は宜野湾バイパス沿い、宜野湾海浜公園やトロピカルビーチの近くにあります。

保護猫カフェNyangusk 宜野湾店
〒901-2223 
沖縄県宜野湾市大山6-47-18 2F(ラグナガーデンホテル道路向い)
TEL:098-897-6971

一目でそれとわかる、猫のマークが目印の黄色い建物。

駐車場は1階部分(3台)とお店の裏手側に3台分(看板がある場所のみ)あります。

基本は年中無休ですが、万が一ということもありますので、確認してからのアクセスがおすすめ。

営業時間は11:00~20:00(L.O フード19:00/ドリンク19:30)

猫カフェにゃんぐすくへの入店方法と料金システム

Nyanguskの建物1階部分にはゲートがあるので、インターフォンを押してから2階の玄関へ進みます。

2階はティールーム、3階がフリーゾーンになっていて、フリーゾーンのみの利用はできません。

ティールームはシャンデリアや小花柄の壁紙など、ロマンティックな雰囲気。

2階ティールームではガラスルームにいる猫をみながら、食事をすることができます。

猫と遊ぶことはできませんが、スタッフさんにお願いすると膝上での抱っこをさせてもらえるのだそう♪

猫をデザインしたカレーやツナサンド、パフェ、ドリンクなどのメニューから、1人1品以上のオーダー制。

ティールームだけ利用の場合は入店料無料です。

2階では他にも、ヨーロッパで買い付けたアンティーク雑貨やオリジナル猫マグカップ、ハンドメイドアクセサリーや猫時計などを販売。

3階のフリーゾーンで猫と遊びたい場合の猫用おやつも販売しています。

猫カフェでどうやって過ごしたらいいかわからない、という方はティールームのみの利用からはじめてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

にゃんぐすくフリーゾーンの料金

Nyanguskのティールームから3階へ続く階段を上がると、そこは約50匹の猫がいるフリーゾーン。

他の猫カフェもそうですが、猫と遊ぶ前後は消毒を忘れずに。

2016年に改装したフリーゾーンは明るくメルヘンポップな雰囲気。

ここにいる猫たちは、沖縄の動物愛護団体「NPO法人 動物たちを守る会ケルビム」で保護された猫たち。

一般的な猫カフェのように、決まった子が常駐しているわけではなく、入れ替え制となっています。

料金は1人1時間500円。

以後30分毎に200円の追加料金が発生します。(2歳以下は無料)

フリーゾーンのみの利用はできないため、2階のティールームでの飲食が必要ですが、ティールームの利用はフリーゾーンに入る前でも入った後でもOK。

フリーゾーンを利用する場合は、お店の注意事項を守って猫と触れ合いましょう。

>>>保護猫カフェNyanguskのHPへ

保護猫カフェNyanguskの猫の里親になることはできる?

「にゃんぐすく」の猫たちは、動物愛護団体ケルビムさんで保護され、里親を待っている保護猫たち。

気に入った猫の里親になることもできます。

もちろん保護猫たちが幸せになってくれることが条件ですので、審査や手続きが必要です。

「かわいいから」だけで生き物を飼うことはできないことを、家族全員がしっかり理解した上で里親希望してください。

申込条件・問い合わせ・里親募集会日程等は店舗、もしくはケルビムのHPで確認いただけます。

>>>NPO法人 動物たちを守る会ケルビム

保護猫への寄付と足長おじさん制度

Nyanguskの猫たちは「NPO法人 動物たちを守る会ケルビム」の保護猫。

ケルビムでは犬・猫の保護活動費の寄付、物資や古新聞の寄付を受け付けています。

また、猫が好きだけど飼えない、という方は「足長おじさん」制度を検討してみるのはいかがでしょうか?

保護猫への寄付やお買い物募金

活動費の寄付は郵便振替や銀行振り込みにて受け付けされています。

また、物資の寄付についても必要なフードや消耗品がケルビムHP(ご寄付のお願い)に記載されています。

あるいは、amazonのお買い物募金を利用して、ケルビムの欲しい物を購入し、送料無料で送ることもできます。

足長おじさん制度・ケルビム会員

ケルビムの足長おじさん制度は、毎月の会員費(一口1,000円)を保護している犬や猫の養育費とする制度。(スタッフがあなたの代わりにお世話をします)

応援したい犬・猫を指定することも、指定せずに申込することもできます。

あるいは5,000円/年の支援を贈るケルビム会員になることもできます。

どちらも、来店or書類送付による銀行口座自動引き落としの手続きが必要です。

余談ですにゃ

保護猫カフェ”猫の城Nyangusk”の「にゃんぐすく」ってなに?

沖縄出身じゃないとわからないものですよね。

聞き覚えはあるけど、「ぐすく」ってなんだっけ?そう思って調べたら、《ぐすく=城》でした。

そっか!猫の城か!!とスッキリしたところにゃのでした^^

※記載内容は記事掲載時点での情報です。最新情報につきましては各施設にてご確認いただけますようお願い致します。

スポンサーリンク

-猫トピ
-,