お道具

猫も乳歯と永久歯がある?!生え変わった乳歯を保存できるケース

ひげケースを持った猫

猫も人間のようにまずは乳歯が生えて、それから永久歯に生え変わるって知ってました?

にゃーちは大人になってから我が家に迎えたので、生え変わるのをみることはできなかったんですよね。

乳歯の生え変わり時期や可愛い乳歯保管ケースをご紹介します♪

スポンサーリンク
  

子猫の乳歯、生え変わり時期はいつ?

生まれたての子猫には歯はまだ生えていません。
生後2週間頃から乳歯が生え始めて、1ヶ月頃には生えそろうのだそう。

人間の歯は、乳歯が抜けてから永久歯が生えますが、猫の場合は乳歯が生えている間に、永久歯が歯茎の中で成長していきます。

そして生後3ヶ月~7ヶ月頃までの間に、成長した永久歯が乳歯を押し上げるように生え変わります。

人間の永久歯は親知らずを含めると32本ですが、猫の永久歯は30本。

もちろん2度と生え変わることはないので、歯周病などの口内トラブルを避けるためにも、歯みがきケアなどが必要になります。

また、歯並びに異常があったり、出血がとまらない、歯茎が腫れているなどの症状がある場合は、獣医さんに相談しましょう。

スポンサーリンク

乳歯はどうやって見つけるの?

子猫の乳歯は知らずに抜け落ちたり、飲み込んでしまうケースも多いので、抜けた乳歯を全部集めるのは難しいんだそう。

噛んでいたおもちゃに乳歯がくっついていたり、甘噛みされた手に血がついていてギョッとしたら、小さな乳歯が一緒にくっついていたり。

偶然発見するパターンが多いようですが、お部屋掃除の際はまずコロコロクリーナーを使ってから掃除機をかけるとうっかり乳歯やひげを吸い込んでしまう心配もありません。

我が家のコロコロクリーナーの消費量はなかなかのものです(-_-;)

色んなところをコロコロできるように、粘着力があまり強くないもののほうがおすすめです。

猫の乳歯が保管できるケース

子猫の乳歯を運よく見つけたらラッキー!

でもその乳歯、どうやって保管する…?

ジップ袋、ピルケース、方法はいろいろありますが、折角ならきゅんと可愛い専用ケースで保管してみませんか?

名入れもできるおもしろ名札工房さんでのご注文は楽天市場で↓

うちではこのシリーズのひげケースを愛用中♪

→猫のひげが捨てられないならひげケース^^

他にもこんな乳歯ケースがあります↓

名入りもできるにゃ

楽天市場のおもしろ名札工房さんでは、ケースへの名入れが可能。

オリジナル感があるし、多頭飼いの方にも嬉しいですよね!

ひらがな、カタカナ、漢字、アルファベットでの名入れが可能。

お買い物かごに商品を入れたあと、備考欄に名前を入力。変更やキャンセルができないので慎重に!

また、こちらのショップさんでは無料でラッピング袋をつけてもらえるので、猫ママ友へのプレゼントにもぴったりです。

余談ですにゃ

にゃーちの乳歯をみることはできませんでしたが、抜けたヒゲはちょいちょい見つけます。

かれこれ20本ほどはたまってきたでしょうか?

どうするの、これ?と思われそうですが、だって捨てられないんですもん。

親バカ飼い主の密やかな楽しみのひとつにゃんです(笑)

スポンサーリンク

-お道具
-