お道具

猫の爪とぎ、段ボール派?それとも麻派?

2018/07/13

爪とぎする猫

猫の必須アイテム、爪とぎ。

猫の爪は何層にもなっていて、古い爪が剥がれて新しい爪になることで、伸びすぎないようになっています。
爪とぎをしないと、古い爪が剥がれず、巻き爪になってしまうこともあるようで…(;゚Д゚)ネコも?!

また、ストレス発散、マーキングの意味合いもあるので、猫に爪とぎは必須。(中には爪とぎしない猫もいるそうですが)

猫は壁や柱で爪をとぐ、という一般常識。ゆえに、賃貸物件が少なくて大変な思いをする転勤族の私達…。

スポンサーリンク

初めての爪とぎ、ダンボールタイプでデビュー♪

我が家の爪とぎは最初から平置きのダンボールタイプ。縦型だと、なんとなく壁や柱でも爪とぎしてしまいそうな気がして…(体勢が同じだから、という私の勝手な憶測です。)

にゃーちが我が家に来たときは既に大人でしたが(今よりずっとガリガリで小さくみえたけど)、まずは自分から猫になったつもりで爪とぎしてみせると、すんなり真似て(?)くれたので、それ以降ずっと平置きダンボールタイプを使用しています。

猫用ダンボール爪とぎ
今メインで使っているのはアイリスオーヤマのスリムタイプ。ちょっとヘタれるのが早い…
ゴミもでるし、場所はとるし、見た目もあまり可愛くない(ごめんなさい)

…でも!!

平置きのおかげかはわかりませんが、幸い今まで壁や柱で爪とぎしたことは一度もありません(^^)v
偶然かなー??そうだとしても、もうすっかり平置きに慣れてしまったので、今更変えられないなー、とも思うのですが。

だからといって、それなら賃貸してもいいですよ、なんて話にはならないんですけどね。
爪とぎ以外でも傷がつきますもんね…(-_-;)

そんなわけでフローリングのほとんどにプレイマットを敷いていますが、それで時々爪とぎすることが…。そんなときは「こらこらこらこら♪」と腰を触って止めさせます(笑)

猫の可愛さを引き出す?利点も多い、麻タイプの爪とぎ

キャットタワーの一部にもなってたりする、麻タイプの爪とぎ。

麻の爪とぎを使う猫
↑※注意※にゃーちではありません(笑)

ダンボールと違って、かなり長持ちするし、カスが散らかりにくいという利点があります。
(にゃーちは身体にダンボールのカスをつけてることがしばしば...)

しかもポールタイプ(麻)は場所を取らないし、ダンボールごみもでないのでエコ。

ビジュアル的にも可愛いんですよね。爪とぎするにゃんこの姿もきっとかわいいはず…

我が家でも2か所に大小のキャットタワーがあり、支柱部分は爪とぎになっているんですが、にゃーちはこれで爪がとげるなんて思ってもないようです。

サークルタイプの爪とぎが可愛い!

楽天市場でもよく見かける、サークルタイプの爪とぎがいいなー、とは思っているのですが、リビングに余裕がない我が家では、置き場所が悩みどころ。

まとめですにゃ

ダンボールタイプにしても、麻タイプにしても、にゃんこの好みが一番。
壁や柱を守るためにも、気に入った爪とぎでストレス解消してくれるといいですね♪

スポンサーリンク

-お道具
-,