お手入れ お道具

鼻毛はさみでムダ毛処理(笑)

2018/07/13

にゃーちからは「ムダ毛なんてないんですけど」なんて怒られてしまいそうですが、おしり周りの毛と足の指からはみ出る毛は、勝手にムダ毛扱いしています(笑)
足の指から伸びた毛はフローリングでつるつる滑るし、おしり周りの毛に至っては地獄を見る(!)可能性があるので短いほうがいいんです。

猫の脚の裏

そんなわけで、にゃーちのムダ毛を安全にカットすべく、にゃーち専用鼻毛はさみが用意してあります。

鼻毛はさみ

刃先が丸いので肌を傷つけず安心♪(肉球を挟まないように注意!)

部分用ケアはさみ、売ってます

刃先の丸いはさみがどうして鼻毛はさみになったかというと、フローリングを歩く際に後ろ足が滑っているのをみた夫が、「足の毛、切ってあげたほうがいいんじゃない?」と選んだのが鼻毛はさみ。男の発想?
でもほんと、テーブルや本棚に飛び乗ったとき、足の毛が伸びてると滑っちゃうんですよね(^^;)

後々調べたら、ペット専用の部分ケアはさみがちゃんと売られてました(笑)

ちゃんと刃先が丸くなっているので安心。うーん、見た目鼻毛はさみと変わらない(笑)

爪切りより難しいムダ毛カット(-_-;)

足の裏をあんまり触られたくないにゃーち。爪切りは片方づつ位ならなんとか我慢してくれますが、毛は難しい!
なんといっても切った毛が散らからないようにティッシュを敷いたりしなきゃいけないし、いざ切ろうとしたら足を引っ込められたリする始末。

足の毛を切られる猫

おしりに至っては粘りと集中力で勝負!
というか、数か月前に起こった事件でおしりの毛を初カットした私。その理由は、トイレから出たにゃーちが、《大》の一部をおしりにつけていたから!!(;゚Д゚)ヒィィー

ビニール手袋を装着し、鼻毛ハサミと袋を手にゆっくり追いつめる私。避けるにゃーち。
…居ない夫。

この状態でお尻をカーペットにこすり付けられたら…!!!

甘い声ですり寄らせて、しっぽを上げたにゃーちのおしりの毛を《大》ごとカット!またカット!
さすがと何度か目にはガブーと噛みつかれ、それでも「噛んでいいよ。嫌だもんね、こんなことされたくないよね」とちょっと気分はナウシカ(風の谷の)な感じで無事カット終了!
とってもいい天気のお昼に繰り広げられた、お馬鹿な二人の戦い…

でも、その後おしりの状態は確認しやすいし、ちょっと汚れが付いてる時も綿棒で取りやすくなったので、カットして良かったなーと思っています。(もちろん私だけ)

→ちょっとした汚れはベビー用綿棒で

ちなみに、おしりに毛は一度切るとしばらくは放置できます(にゃーちだけ?)足の裏の毛のほうがよっぽど伸びが早い気がきます。
ロングなにゃんこの悩ましいお話でした(^^;)

スポンサーリンク

-お手入れ, お道具
-