お手入れ

デンタルケアって難しくないですか?!

芸能人は歯が命…とかいうと歳がバレちゃいそうなんですけど。歯が大事なことくらいわかっているんです。
でもちゃんとケアできてるかと言われると、歯科受付で働いてた妹にダメ出しされる私の歯磨き。

そんな私がにゃーちのデンタルケアをうまくできるのか?抱っこもいやいやするくらいなのに…(泣)

ヤル気のない猫

猫に歯ミガキなんて必要ないわよ!過保護すぎるわ!なんて言われるかもしれないのですが、健康の為にできる事はしてあげたい。
でも嫌がることはしてあげたくない、そんな葛藤を言い訳にしてここまできましたが。

ブログを始めて、今まで何気なくスルーしてきた事とかが気になって、調べたりする機会が増えたからか、デンタルケアが気になってしまいます。

歯みがきしないとどうなるにゃ?

猫は虫歯にはなりにくいそうですが、歯周病になる確率は80%とも!!!

驚いたような猫

野生の猫は獲物の皮を食いちぎることで歯が磨かれるのに、飼い猫は食べやすいペットフードばかり食することで、歯垢が溜まりやすくなり、結果歯周病を招いてしまうそう。
でもねずみなどの小動物を与えられるはずもありません。

臭いがするようになると、猫自身も食欲不振になるし、ひどい時は麻酔をかけての抜歯が必要になるケースもあるそうです!

これはもう『歯みがき大作戦』を決行するしかありません。
しかし、相手はにゃーちです。にゃーちのちっちゃな前歯が大好きで時々見せてもらうのですが、それすら「いーーーーーやっ」っとされてしまう有り様。
犬歯など触らせてもらえるのでしょうか?

ただいま洗濯物の上でうとうとしています。(洗い立てなのに(-_-;))

いきなり歯ブラシはハードル高すぎるので、濡らしたガーゼを指に巻いて、触らせてくれるかどうか。

あくびする猫

おっと!いきなりの大あくび!!素晴らしい犬歯です(笑)
寝ている隙はまず無理なので、このままちょっと磨かせてねー(写真とるのは一人じゃ無理でした…)

犬歯の表側はなんとか磨かせてもらえましたが、それより奥の歯はちゃんと口を開かせないと無理です。
前歯(正しくは門歯/切歯)に至っても、顔を背けてしまうので、難しい。

歯ブラシだともっと難しそうです。(歯茎を傷つけないよう、気をつけないといけないので、大人しい子向きかな?)
ストレスをあまり与えないように無理しない配慮もしてあげたいですね。

手軽な対策は食事から

歯みがきは徐々に慣れるようチャレンジしていくしかありませんが、フードを工夫することでちょっとでも対策できたほうがいいですよね。

にゃーちの夜ご飯には、以前からデンタルケアを考慮した大き目キブルのフードを混ぜています。

ハッピーキャットラージブリードのパッケージ

ハッピーキャットのラージブリードです。

ハッピーキャット粒の比較

↑左側2粒がラージブリード、右側2粒がハッピーキャットライト。

大きな粒をカリッカリして食べる事で、デンタルケアをフォローしています。

スポンサーリンク

ただし、大きい粒ばかりだと、噛まずに飲み込んで食べて吐き戻す可能性があるので、 1回の量は20g中7g(11粒くらい)ほどにしています。

キャットフードを量る

割と好んで食べてるようなので、朝ごはんにも混ぜるべきか検討中です。

だいぶ前に、あの有名なグリニーズも試してみたのですが、何が気に入らないのか、にゃーちは全く食べてくれませんでした…
おやつでデンタルケアできたら一石二鳥ですよね^^

ブラッシング→ご褒美にデンタルケアおやつ♪

今気になっているのは、ビルバックチュウです↓お試しサイズないかなー

スポンサーリンク

-お手入れ
-,