お手入れ

フケ発見!シャンプーされたにゃーちに訪れた悲劇とは?!

シャンプー後グルーミングする猫

季節もすっかり秋。というか先週は冬かと思ったよねぇ、にゃーち。

寒かったせいで、ブラッシングをサボり気味になっていたからか、それとも季節の変わり目だからか、にゃーちの背中にふけを発見してしまいました!

そりゃー、皮膚だって細胞が生まれ変わったり、毛が生え変わったりするんだからフケくらいでるわよ、といいたいところですが、今まで目にみえてフケを発見することもなかったので(ブラッシングした時に毛に紛れている程度)、ちょっときになりますね。

スポンサーリンク

どの程度のフケ?皮膚炎やダニの心配は?

多いというほどではなく、背中(おしり近く)に3つほど小さいフケがういてる状態。

猫の背中にフケが…

毛をかき分けて、本来の目的を忘れているノミ取りグシですくうともっとこまかいフケがでてくる。

ノミ取りコームでフケをとる

皮膚炎などを心配するほどではないし、かゆがる様子もないので、毛の生え変わり時期であることと、ブラッシング不足かな、と思われますが…。

フケは放っておくと毛が絡まる原因になるし、人間の猫アレルギーの原因は猫のフケと聞きます。

ノミ取りグシで浮かせることはできるんですが、さすがとフケのほうが細かくてすくい取るのは至難の業。

浮かせてはコロコロ(粘着ローラー)の繰り返し。

コロコロは嫌いじゃないけど、ノミ取りグシで絡まった毛をほぐされるのが嫌いなにゃーち。

背中を隠して(仰向けになるようにして)何気に抵抗してきます(-"-)

ブラッシングに抵抗する猫

実際、フケで毛が絡まってるし、そのままにしたら毛玉になっちゃう。

痛くないように、根元を持ってかなり慎重にほぐしていくんですが、イラっとするようです。

↑うちのより全然かっこいいノミ取りコーム。

そうだ!シャンプーしよう

台風も去り、とってもいい天気。

洗濯日和だわー。

日向ぼっこする猫

そんな近くにいられたら、さすがと洗濯物を干すのもためらわれるんですけど…。(現在の我が家はベランダがなく、窓を開けたらすぐ外。仕切りはあるけど、野良猫さんが行き来できるほど)

日差しが暑いくらいよ…そうだ!

シャンプーしよう!

夏場にする予定だったシャンプーですが、毛並みもいいし、臭いもなく今年はしなくていいかも?なんて思っていたんですが、今日がシャンプー時かも!

そうと決まったら時間との勝負!日差しで乾かしてもらわなきゃいけないので、バタバタと準備します。

脱衣所に数枚のタオルを敷いて、拭きあげ用のタオルも4~5枚用意して。

にゃーちを全身ブラッシングして、毛玉がないかチェック。

お湯はすぐでるようにしばらくシャワーを出しっぱなしにして。

ドライヤーをスタンバイ。

シャンプーもスタンバイ。

脱衣所まで誘いだしたらドアを閉めて封じ込め作戦。

そのまま浴室に連れ込んだら、こっちのものです。

シャワーヘッドが固くて回らなかったので、そのまま使います。シャワーの音がなるべくしないように、シャワーヘッドは身体にぴったりつけます。

お湯の温度がわかるように手はシャワーヘッドの部分を持って。

今回はフケを流すのが目的なのと、身体が冷えてはいけないので、顔回りは触らず、首から下、特に背中から腰にかけて入念にゆすいでいきます。

しっかり根元まで濡らしたら、手早くシャンプー。

我慢が限界のにゃーちは逃げられる場所がないか、洗い場をぐるぐる。

シャワーを持ち換えながら、私もぐるぐる。

ぴったり付け回して、入念にシャンプーを洗い流していきます。

「なおーん」と鳴かれちゃうと、急がなきゃ~と焦りますね( ;´Д`)

ちゃんとフケ、洗い流せたかなぁ…

スポンサーリンク

浴室の扉を開けると、タオルを敷いた脱衣所へ速攻逃げるにゃーち。

吸水性のよいタオルで全身の水分を吸い取り、ドライヤーはスカルプモードでON。

ドライヤーは私が使うのを近くでみるくらいに慣れていたので、そんなにビビッてはいないんですが、とにかくこの状況から逃げたいにゃーち。

今度は脱衣所内をぐるぐる。(開けっ放しの浴室には戻らない)

ドライヤーを持ち換えながら、私もぐるぐる。

スカルプモードは高温にならないのがいいけれど、弱風にしていることもあって、なかなか乾かない。

電気代が…と思いながらも、風邪を引いたら大変。しっかりここは乾かしていきます。

※写真撮影の余裕がありません。ご想像でお願いします(笑)

シャンプー&ドライヤーが無事終了!

7割がた乾いたところで、ようやくリビングへ開放されたにゃーち。

暑いくらいの日差しのもと、せっせとグルーミング。

シャンプー後の猫

水分を全部舐め取っちゃおうというんですから、シャンプーのすすぎ残しは厳禁ですね。

ちょっとご機嫌ナナメです。ほっといてオーラがでてるので、遠くから見守り隊に徹します。

乾いた?にゃーちの毛に異変が…まさかの悲劇!

9割方乾いたところで疲れたのか、しばしお昼寝にゃーち。おしり、まだ乾ききってないけど、気持ち悪くないのかしら…。

起きてきたにゃーちのおしり付近はまだ毛がしっとりして束になってる…束になってる?!

逆に毛が絡んじゃって小さな束ができてる状態。フケも見える…。

せっかくシャンプーしたのに( ;∀;)

これはにゃーちが苦手なノミ取りグシブラッシングをする必要が…。

普通のラバーブラシで大きくブラッシングしたら毛も乾いてきてだいぶマシになりましたが、その後しばらくノミ取りグシブラッシング地獄にあったにゃーちなのでした(*´Д`)

結局のところ、シャンプーの必要はなかった?

どうでしょうね?完全に乾いた今でも、ブラッシングすれば少しフケが見つかりますが、シャンプー前よりは少なくなったかな?

しっかりゆすいだせいか、シャンプーの匂いは鼻を近づけて嗅ぐとわかる程度。

毛はふわっふわになった気もします。(元々コンディションがよかったので違いがわかりにくい…)

まぁ、普段なかなかできないおしりも綺麗にできたと思えば、よかったかな。

おわりに

ねこのフケの原因は、ごはんの質やストレスも関係する場合があるのだとか。

人間だって、ストレスで肌荒れしたりしますもんね。

かといってごはんとかつおのおねだりを毎回きくわけにもいかないしなぁ…。

秋から冬にかけては、乾燥も原因となるので、加湿器はマスト。(暖房をつけるなら尚更)

見るからに大量のフケや皮膚トラブル、かゆがる様子があるようなら、かかりつけ医に相談しましょう!

スポンサーリンク

-お手入れ
-,